I’m a good cook

c219       159

今なお人気のオードリー・ヘプバーンが実際に家族や友人に作っていた料理レシピ満載の『オードリーat Home』
オードリーのスター性が遺憾なく発揮されていた代表作『ローマの休日』にも料理を話題にしているシーンがあります。

(DVD 1:33.07~  p.160)

JOE ::    I thought a little wine might be good.

ANN ::   Shall I cook something?

JOE ::    No kitchen. Nothing to cook. I always eat out.

ANN ::   Do you like that?

JOE ::    Well, life isn’t always what one likes. Is it?

ANN ::     No, it isn’t. … … May I have a little more wine? I’m sorry I couldn’t cook us some dinner.

JOE ::    Did you learn how in school?

ANN ::     I’m a good cook. I could earn my living at it. I can sew too, and clean a house, and iron. I learned to do all those things, I just haven’t had the chance to do it for anyone.

JOE ::    Well, looks like I’ll have to move and get myself a place with a kitchen.

ANN ::   Yes.

 

on your mark icon

Shall I cook something?

Shall ….?  は、「~をしましょうか」という意味で相手の意志を聞く表現。このように、主語が I の場合、文末に ~for you?  が来ることが多い。

I always eat out.

eat out の out は outside the house(家の外)、つまり「外食」という意味で用いている。反対にeat inは、I’m eating in tonight. のように「今晩は家で食べる」という意味を持つ。また、ファーストフードレストランで定員に聞かれる「店内でお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか」も、Eat in or take away? となる。

I could earn my living at it.

a living (one’s living) は「生活(の手段)収入」という意味。動詞の earn(稼ぐ)を使い「生計を立てる」という表現として用いられる。

All the best, Mark

広告