Fatherhood (1) – Fathers & Daughters

Happy Fathers Day!

「父の日」は、日本を始め、多くの国々では6月の第3日曜日ですけど、ニュージーランド、オーストラリアがあるオセアニアは9月、ロシアは2月にあるそうです。いつにあろうとも、せめて父の日だけでも父親に心から感謝したいですね。

「父の日」にちなんで、今週のテーマ、「Fatherhood(父の資格)」についてお勧めの映画を紹介します。

Fathers and Daughters  『パパが遺した物語』(2015) 177

Writer Jake Davis (Russell Crowe) struggles with mental illness while trying to raise his young daughter, Katie (Amanda Seyfried). As an adult, Katie struggles to overcome her emotions in her personal relationships. (struggle: 苦労する)

on your mark icon

Your father changed my life.

change one’s lifeは「人生を変える」という意味で、子供の誕生や交通事故、教師からの忠告などの重要な出来事や影響により、人の性格や方向が変化する・させるなどに用いられる表現。文末にaroundが付くこともある。ex. Watching this movie changed my life around.   (注 上記の予告編には、キャメロンはYour father changed my lifeを述べているが、実際の映画でのセリフはLiterally changed my life.[文字通り、僕の人生を変えた])

pinky-swear

日本での「指きり」と同じで、pinky finger(小指)を使って swear(誓う)やpromise(約束する)という意味。Cross you heart and hope to die(胸に十字を切って〈真実を誓う〉、死を望む)を続けて誓いを強調することもできる。

You’re the best thing that ever happened to me.

相手との出会いで人生を変えるほど重要であると強調する時に用いる表現。特に以前のすさんだ人生を省みて更正の道を進むなど、人以外の経験や出来事に対しても用いられる。
ex. Going on that course was the best thing that ever happened to Tom.(そのコースに参加するのはトムにとって最善の出来事)

この映画を一部を使用した『映画のセリフ・リスニング・コンテスト2016』への参加者を現在募集中。挑戦してみたい方はこちらをクリック。

Keep it up, Mark

広告