Fatherhood (2) – The Pursuit of Happyness

「父の日」にちなんで、今週のテーマ、「Fatherhood(父の資格)」についてお勧めの映画を紹介します。

The Pursuit of Happyness 「幸せの力」(2006)

Losing his wife, his money, and his job, Chris (Will Smith) is forced to look after his 5-year-old son alone. Forced out on to the streets, Chris is desperate to survive. Chris joins a highly-competitive stock broker training program guided purely by his self-confidence and the love and trust of his son.

 

on your mark icon

Jay says you’re pretty determined.

ここではquiteとかveryを意味し、通例、肯定文で用いられる。ex. It’s pretty humid today, isn’t it?(今日はけっこうむしむししているだろうな) determinedは、「決然とした、断固とした」という意味で、あることができるために粘り強く、もしくは頑固になって続けること。ex. I’m determined to get over 900 in the TOEIC test.(TOEIC試験で900点以上を獲得することに決心している)

You want something, you go get it. Period.

Period.は文型の「終止符」という意味だが、このように文の最後に単語として据えると直前の内容を強調させ、「他にはない」といった強いニュアンスになる。ex. I hate brussel sprouts. Period.(芽キャベツが大嫌いだ。以上だ。)

『映画のセリフ・リスニング・コンテスト2016』への参加者をただいま募集中(8月31日まで)。挑戦してみたい方はこちらをクリック。

Regards, Mark

 

広告