Fatherhood (3) – Like Father, Like Son

「父の日」にちなんで、今週のテーマ、「Fatherhood(父の資格)」についてお勧めの映画を紹介します。

Like Father, Like Son 「そして父になる」(2013)

Ryota (Masaharu Fukuyama) is a successful Tokyo architect who learns that his six-year-old son Keita isn’t actually his son at all. In fact, his biological son Ryusei is being brought up by an electrician and his wife in a not so well-to-do part of town. The two boys were switched at birth in the hospital, and each has been unwittingly raising the other’s son as their own.

on your mark icon

 

So what was Ryusei’s mum like?(りゅうせいのママは、どんな人?)

ここでのlikeは、「~のよう」を意味して、物や人の様子について表しています。
ex. What does natto taste like?(なっとうはどんな味?)  The movie wasn’t anything like what I expected. (その映画は、想像したとまったく違うものだった)

biological

biological は、「生物学的な」という意味で、上記のbiological sonは生物学上、血のつながった息子という意味になります。

『映画のセリフ・リスニング・コンテスト2016』への参加者をただいま募集中(8月31日まで)。挑戦してみたい方はこちらをクリック。

Till next time, Mark

広告