実はオランダの味?!コールスロー

 『オードリーat Home』に掲載している、オードリー・ヘプバーンのレシピをスクプレ・スタッフが実際に作ってみました!

「ラ・ペジーブル:花、果物、そして生命と成長を約束するもの」から
コールスロー/ Coleslaw(掲載:p143)

* * *

「なんといっても簡単なレシピが一番好き」なのはみなさん一緒ではないでしょうか。レシピの紹介文でもルカさんが言っている通り、私もコールスローといえば、アメリカのファーストフードでおなじみのメニューというイメージでした。オランダが起源だなんてびっくり。

coleslaw

サワークリームが思った以上に固く、こってりとした質感なので、これがダマになってしまい、なかなか混ざらなくて困っていたところ、大雑把な私は、思いつきました。

そうだ!キャベツで混ぜちゃえばいいんじゃない!と。
ざく切りしたキャベツを投入し、わしゃわしゃとかき混ぜるうちに、ほらね。しっかりダマも消えてきましたよ!(私の手抜きも時としてうまく行くことがあるみたいです)

ここでまたまたお味見。…なんとなく少し酸っぱすぎる気も。
しかし今更砂糖を足すわけにも、お酢とレモンを抜けるわけもなく…そこで!ルカさんのお勧めに従うことにしました。そう、リンゴを入れてみたのです。

しっかり冷蔵庫で冷やすこと4時間。りんごちゃんもしっかりなじみ、キャベツはほどよくしんなりしています。肝心のお味は…さっぱりしてて夏にぴったり!サワークリーム初挑戦でしたが、これなら和食の献立にも合いそうです!

これがオードリーの故郷の味なんですねえ(しみじみ)。

* * *

ご注文は各書店、またはHPで承ります。
詳細ページはこちら

c219

広告