Don’t Hold Your Breath

 Secret of my Success 「摩天桜はバラ色に」 (1987)

A talented young man can’t get an executive position without rising through the ranks, so he comes up with a shortcut, which also benefits his love life.

2

on your mark icon

Who knows, man? 「知るかよ」

I don’t know (知らないよ)以上に誰もが同じ立場だと思うときに用いる砕けた修辞的疑問。特に、関係がないことや気に入らないことに対する使い方が多い。この場合は、「who」の代わりに卑語の「f**k」を入れることができるが、周りに配慮が必要となる。「God knows」でも同様の意味になる。口語ではよく用いる文末の「man」や「mate,pal」などは、親友や初対面の男性に親しみを感じてほしい時につける言葉なので、女性には使用しない。

Don’t hold your breath. 「期待しないで」

直訳すると「息を止めないで」になるが、この場面のように悲観的で期待があまりできないときには、息をとめるのは無駄という意味が込められている。このセリフは、命令形で相手への忠告になるが、自分が相手に期待しない場合にはI won’t hold my breath(期待せずにおくよ)となる。

I was counting on this job. 「この仕事を当てにしてたんですよ」

頼りにできると期待した人(you、him)や物事(using the car、getting a raise[昇給])について「counted on/was counting on」(当てにした、楽しみにした)を使い、それが叶わないと今後が不透明となる意味を含む。同じく「当てにする」という意味を持つ熟語として「depend on」(支援、判断、忠告について)と「rely on」(約束、忠告について)があるが、「count on」は他人の行動や物事が関係しているときに用いる。

 

All the best, Mark。

広告