Cycling (2) – Premium Rush

ツール・ド・フランスは既に第4ステージが終了して、毎年、スプリンターとして名を馳せるペーター・サガン選手がツール・リーダーの証しであるyellow jerseyを連日着用。ただ、まだまだ先は長いので、この時点では順位よりもトップとのタイム差が広がらないことが非常に重要となる。

引き続き、今週はお気に入りの自転車映画を紹介。

Premium Rush  [2012] (プレミアム・ラッシュ) 

Wilee is a determined bike messenger riding the traffic-packed streets of Manhattan. When a corrupt cop begins chasing him through the city, he realizes it is because of the envelope he has been asked to deliver.

on your mark icon

I like to ride. Fixed gear. No brakes. Can’t stop. Don’t want to, either.

⇒ここでのeitherは「どちらも」を表わすstopの代名詞となる。anyway[anyhow]でも用いられる。

Wilee, I got a package for ya. Premium rush. Don’t screw it up!

⇒screw upは、「しくじる」という意味。このDon’t screw it up!は命令形で、単純なDon’t make a mistakeより強調しつつ砕けた言い方。

Bobby:   Hey! That envelope you picked up, I gotta ask for it back.
Wilee:   Yeah, the thing is, once it goes in the bag, it’s gotta stay in the bag.
Bobby:   It’s in your best interest to give me the envelope.

⇒onceは、「いったん~」という意味で、「以前の状態に戻れない」というニュアンスを持つ。in your best interest toは、「~したほうがいい」という忠告表現だが、このシーンでは「~しないと悪い目に遭う」という警告を強調としていると覚えておきましょう。

Take care out there, Mark

広告