『パパが遺した物語』

スクリーンプレイシリーズNo.177号の新刊『パパが遺した物語(Fathers & Daughters)』が9月1日発売開始。スクリーンプレイ独自の完全英文セリフやその日本語訳、豊富な語句解説・ストーリー紹介によって、この映画の英語を十分に楽しみながら学習ができます。

F&D--HP用bannernew

グラディエーター』(2000年)でアカデミー賞主演男優賞を獲得したオーストラリア出身のラッセル・クロウ(Russell Crowe)をはじめ、『レ・ミゼラブル』(2012年)でそのクロウと共演したアマンダ・セイフライド(Amanda Seyfried)、『ANNIE/アニー』(2014年)で主人公アニー演じたクヮヴェンジャネ・ウォレス(Quvenzhané Wallis)、1960年代から活躍するアカデミー賞を2度受賞した名女優ジェーン・フォンダ(Jane Fonda)、数々のアワードを受賞したテレビドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールなど、豪華なキャストが出演。監督は、『7つの贈り物』(2008年)や『幸せのちから』(2006年)等の代表作品を持つイタリア出身のガブリエレ・ムッチーノ。

ストーリー

父娘の愛によって涙があふれる感動作は、自らが起こした交通事故の後遺症に苦しむ有名作家の愛娘ケイティの幼少時と30歳時、2つの視点で描かれている。

KATIE  ::  I don’t remember my mother much, but I love, love, loved my father. He was a writer. He was actually quite famous. He wasn’t so well, mentally… But he stayed up all night, every night, finishing one last book. That book was about me. But really it was about life, and how he… He never gave up on me.

父の治療期間に娘を預かった伯母家は、ケイティの親権を奪おうとする。しかし、父は日々の病状や金銭問題に苦しみながらも娘を決して手放そうとはしなかった。

JAKE  ::  He tells me you don’t have a shot. He tells me they’ll never separate a daughter from her sole biological parent. You know you’re gonna lose.

その優しい父が突然他界し、結局、ケイティは伯母に引き取られる。両親の死の影響で大人になっても人を愛することに臆病になっていた。

KATIE  ::  Well… There are… Ways that I came up to help me cope with my situation in life that I know aren’t healthy. I know they’re… They’re not good for me. But, it, it, it… it helped me fill this void.

父の遺作に感動し、同じ作家を目指す男性と出会い、ケイティはようやく心を開こうとする。

英語レベル

中級 = 全体を通して、ワンフレーズが短いため、比較的聞き取りやすい。また、ほとんどの人物の発音は明瞭だが、精神病を患うジェイクがその特徴なのか、語尾が消えるように話すため、聞き取りづらい場面がある。イントネーションで、相手に対する複雑な感情を表現しているので、聞き取ってみよう。ちなみに、この映画を一部を使用した『映画のセリフ・リスニング・コンテスト2016』への参加者を現在募集中。挑戦してみたい方はこちらをクリック。

Make the most of Screenplay scenario series to enjoy films in English. Mark

on your mark icon

 

 

広告